1。 率業を契機に長年の夢だった1人暮らしを始めた。

2。 外来種の魚が繁殖しすぎて、湖の生態系に悪影を及ぼしている。

3。 掘り出し物目当ての客が朝早くからパーゲン会場に群がっている。

4。 キノコは食物繊維が多く、生活習慣病の予防になる。

5。 都会派の彼らが突然田舎暮らしの決断をしたのには驚いた。

6。 空腹は子どもに不安と恐怖を引き起こすという説がある。

7。 彼女は既成概念にとらわれずに自由な発想をする。

8。 野菜の価格は産地の天候不順で軒並み高くなった。

9。 落石事故で不通になった道路の復旧作業が、昼夜を徹して行われた。

10。 君は痛みあがりなんだから、あまり無理をしないほうが賢明だよ。

11。 明日の仕事に障るから今日は早く寝るとしよう。

12。 地域産業を振興し、若者の都会への流出を防ぐプロジェクトが成果を上げてきた。

13。 本物と見分けがつかないほどよくできている偽造1万円札が出回っている。

14。 採算がとれないという理由で、この工着は縮小されることになった。

15。 鈴木氏は当時を回顧して、次のように語った。

16。 彼の話には多少の偽りがあると思われた。

17。 私は特に嫌悪感は持たなかった。

18。 問題が解決するまで自粛することにした。

19。 自分を戒めたいと思う。

20。 この国の南側には、なだらかな丘陵地帯が広がっている。

21。 新しい販売ルートを開拓した。

22。 私たちは、町の復興に全力で取り組んでいます

23。 書類の確認を怠ったために、問題が生じた。

24。 本人の了承を得て、写真を掲載した。

25。 あの人はいっもあれこれ指図をする。

26。 友人と東京の名所を巡り、旅を満喫した。

27。 彼とは従兄弟の間柄です。

28。 領収書に内訳を書いてもらった。

29。 この文章の中程にある表現に注意してほしい。

30。 その話は初耳だな。

31。 なんとあの画家は偽者だった。

32。 大人になった彼には子供のころの面影はなかった。

33。 道端の草むらに寝転がって空を見上げた。

34。 彼は大きな屋敷に住んでいる。

35。 両親が忙しくて、兄が弟の子守をさせられた。

36。 窓辺に鉢植えの花を飾った。

37。 死ぬ間際になって、彼の隠し子が発覚した。

38。 あの先生は、すぐ話が脇道にそれる。

39。 今日は何だか寒気がする。

40。 急に空が暗くなり稲光が走った。

41。 大きな地震があって、生きた心地がしなかった。

42。 部下が車を手配してくれた。

43。 預金の残高を調べた。

44。 秋の昼下がりに、縁側でのんびり休んだ。

45。 会場に大勢のファンが雪崩のように押し掛けた。

46。 ここのところ、為替の相場は安定している。

47。 冬でも日向は汗ばむほどの暖かさだ。

48。 この米の銘柄は覚えやすい。

49。 郵便物に今月末日の消印があれば有効です。

50。 彼の素顔を知る者はいない。

51。 それくらいのことは朝飯前だ。

52。 封筒には差出人の名前がなかった。

53。 仕事が成功するか否かの正念場を迎えた。

54。 コンビニのATMを利用すると、たいてい手数料がかかる。

55。 犯人の似顔絵が発表された。

56。 敵に真正面から向かって行った。

57。 家に帰るなり、無造作に上着を脱ぎ捨てた。

58。 犯人は人質の身代金を要求した。

59。 事故現場に野次馬が集まった。

60。 彼は手先が不器用だ。

61。 間一髪で事故を免れた。

62。 彼は紙一重の差で優勝を逃した。

63。 この料理はとても凝っている。

64。 部長は頑張った部下を労わった

65。 彼の言葉が胸に染みた

66。 料理屋ののれんを潜って店の中に入った。

67。 点検を怠ったがために事故を引き起こした。

68。 雨のため工事が滞っている。

69。 先生から受けた恩に報いたい

70。 野菜が萎びてしまった。

71。 履歴書に年齢を偽って書いた。

72。 講演に高校生が群がっていた。

73。 子供だからと侮ってはいけない。

74。 試合では最後の一秒まで粘った

75。 書類に名前を記した

76。 大きな岩に行く手を阻まれた

77。 彼の父は会社を営んでいる。

78。 会社を休んで英気を養った

79。 この会社の未来は彼女たちが担っている。

80。 彼は最後まで自分の信念を貫いた

81。 山で遭難し、2日間水だけで凌いだ

82。 暗闇の中で神経を研ぎ澄ました。

83。 退院後彼はリハビリに励んだ

84。 恥を忍んで彼に頭を下げた。

85。 温泉で仕事の疲れを癒した

86。 卒業後も彼との関係を保っている。

87。 東京での一人暮らしが彼女の憧れだった。

88。 彼は子供の扱いが上手だ。

89。 彼には蓄えが十分あった。

90。 彼には何か企みがあるようだ。

91。 彼は一か八かの賭けに出た。

92。 若き日の過ちは誰にも経験があるだろう。

93。 彼の絵は魂の叫びを表していた。

94。 迷惑をかけた親戚に詫びを入れた。

95。 彼の発言には憤りを覚える。

96。 そんな夜更けにやって来るなんて、誰だろう。

97。 花を飾り、食卓に彩りを添えた。

98。 二人はいっしょに誓いの言葉を述べた。

99。 命は何よりも尊い

100。 彼の自信は脆くも崩れた。